t1.microからt2.microに移行したい

移行したい。と思ってから早幾年。

ブログ更新が面倒な理由のひとつがサーバーの重さだ。

Apacheの設定をいじってみたりしたけどどうせやるならそもそもの環境から変えよう。そうしよう。


長い道のり

t1からt2へ → PVからHVMへ

t2の方が安いし高性能でいいこと尽くしじゃん。サクッと移行しちゃおうよ。と思った。この辺の記事とかを参考にレッツトライ。

失敗。なんでだ。調べた。

http://haws.haw.co.jp/tech/pv-convert-hvm/
要件と制約

pv2hvmを使用するにあたり以下の要件を満たす必要があります。

  • 必ずEC2インスタンスで動かすこと
  • AWS SDK for Rubyが必要
  • EC2の管理権限を持つインスタンスプロファイルを持ってること
  • 元のAMIは自分のものかスナップショットの作成が許可されたものであること
  • 元のAMIにgrubがインストールされていること
  • テストは最近のAmazon Linuxでしか行われていない
  • マーケットプレイスのAMIは変換できない

あーマーケットプレイスのCentOS使ってましたわ。だってCentOSマーケットプレイスにしかないんだもの。

ちなみに上記はpv2hvmというツールを使う場合の前提条件の用ですが、作成失敗時のメッセージから察するにツール使用に関わらずそういう仕様なのでしょう。

何か他に方法は…

そのままの環境でお引越しできないとなると、一からHVMで環境構築か…→今のサーバー構築したときの記録とか全くとってないから、すごくめんどくさい。という訳で放置していたのです。

楽して同じ環境作れないかなー。

Amazon Linux 使ってますか?  EC2 でしか使えない=手元で実験ができない → Docker 使うと簡単に持ち出せます

まじでか。

あーDockerね。うん、最近よく聞くよね。というわけでDockerのtutorialを一通り試してみた。

https://docs.docker.com/engine/getstarted/

試してみた感じ、1コンテナ1プロセスっぽい挙動なので、いろいろ詰め込んでる私のCentOSさんはちゃんと動くのか不安である。(そもそも何が動いているのか自分で把握しきれていないのが問題ですけども)

ダメならダメで、Docker使って環境構築したほうが今後同じような事態に陥ったときに有用そうなのでDockerチャレンジしてみよう。そうしよう。